環境エネルギーについて


・環境エネルギーの活用を巡って

   B・フラーが命名した「宇宙船地球号」のニュアンスが20年後の今日、一般にも息苦しいほどに意識さ   れ始めた。地球上においてリサイクルの可能な再生エネルギー(環境エネルギー)と一回きりしか使えない    資源エネルギーについて考えてみると、有限である資源を、集中的に使用してきた資源の時代は、わずか100年程に過ぎないが、すでに人類が使用した資源の廃棄物が問題となっている。

  それはエントロピーの生成量が増大して、地球環境が汚染されていることを意味する。資源泣Gネルギー利用技術と環境エネルギー利用技術とは相敵対する技術ではない。前者は高密度で後者は低密度なエネルギーである。単なる効率の面から見ると環境エネルギーの質は資源エネルギーの質と勝負にならないが、地球上の人類は、資源エネルギー利用技術の成果の中から環境エネルギー利用に応用できる技術を使って資源を節約しながらできる限り環境エネルギーに頼って生活しなければならない。

・環境(自然)エネルギー利用の色々

  ○ソーラーシステム ・・・ 給湯・床暖房


  ○太陽光利用システム ・・・ 太陽光発電


  ○太陽光採光システム ・・・ 北面照射・光ファイバー照明


  ○雨水利用システム ・・・ 便器洗浄水・冷却塔補給水・散水


  ○地下水利用システム ・・・ ヒートポンプ/冷暖房・給湯


  ○温泉熱利用システム ・・・ 暖房・給湯・排熱回収


  ○風力利用システム ・・・ 風力発電・風力揚水


  ○水力利用システム ・・・ 水車利用・水力発電


  ○土壌浸透浄化システム ・・・ 汚水浄化・脱臭・土壌育成


  ○低質熱源システム ・・・ 天井放射冷暖房・床放射暖房


  ○屋上緑化 ・・・ 断熱・温暖化防止


  ○地熱利用システム ・・・ クールアンドヒートパイプ・地熱ヒートポンプ


  ○ビオトープへの応用



・・・ 雨水、太陽電池、風力のハイブリッドシステム

・省エネルギー関連資料

  ○開口部の熱取得比較

  ○開口部の単位面積当たり負荷

  ○日射制御ブラインドの動作

  ○外気温による電力消費量の変化

  ○照明の省エネルギー


環境エネルギーに関するご質問は、下記メールアドレス迄遠慮なくお寄せ下さい。

電子メール: info@tetens.co.jp 担当/村瀬 豊 迄